kdカルテドットネット 用紙解説

上質紙(カルテの用紙)


一般的に頻繁に使われる用紙です。コピー用紙とほぼ同質の風合い。光沢はなく、マット系に近い中性抄紙。

135kg=約0.185ミリ、180kg(厚手)

紙の厚さについて

紙の厚さについて 

紙の厚さは「73kg」「90kg」などと表示されます。
これは「原紙1000枚分の重さが何kgになるか」で表しているので、○○kgと表示されるのです。重い表示の方がが厚みのある用紙となります。ですので、73kgより90kgの方が厚くなるわけです。

通常、チラシなどでは73kg、90kg。ポストカードやショップカード、スタンプカードなどは180kgや220kgを使用いたします。

紙の原料って?

紙の原料って?

紙は木材パルプを主原料とし、その他「充填剤」や「サイズ剤」などが主な原料となっています。

「充填剤」は紙の性質を決める大きな要素で、インクが裏抜けしないようにする他、不透明度を上げ、白色度や平滑性を向上させるために入れるものです。また、柔軟性や伸縮を減たり、光沢を付けるなどのために使用されています。

また、「サイズ剤」は印刷インクなどのにじみを防ぐために原料として使用されるものです。

非塗工紙と塗工紙とは

非塗工紙と塗工紙とは

用紙はパルプの繊維が絡み合っているために表面がでこぼこしています。そのでこぼこの状態のまま使用するのが非塗工紙です。上質紙が該当します。

それに対し塗工紙は、紙の表面を滑らかにコーティングしたものです。コート紙がこれにあたります。